【衝撃】退職代行を使った失敗談やトラブルの事例6つ紹介

今回の記事では、退職代行を利用した時の失敗やトラブルについて詳しく解説していきます。

代行業者を利用した場合にどのような失敗があるのか、どんなトラブルが予想されるのか具体例を見ていきましょう。

これから退職代行を利用しようと考えている方は、退職を成功させるためにも是非参考にしてみてください。

この記事の要点

  • 悪質な退職代行を使うとトラブルになる可能性がある
  • そのため、事前に退職代行の評判や口コミを調べておこう
  • また、高額すぎる会社には要注意
  • なるべく相場に近い会社を選んで、安全に退職していこう
  • 退職代行を使うなら今までトラブルが一度もないSARABAがおすすめ

事前に調べずに利用してしまうと、思わぬ失敗やトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、利用の前に業者の特徴についてよく理解しておきましょう。

どの会社を使おうか悩んでいるという方には業界満足度No.1の退職代行SARABAがおすすめです。

退職代行による失敗例と予想されるトラブル

まず、退職代行による失敗例とよくあるトラブルについてご紹介します。

実際にどのようなトラブルが起こりやすいのか、利用する前にチェックしておきましょう。

退職することができない

退職することができない

1つ目のトラブルが、退職することができないということです。

これはかなり稀なケースですが、利用者が退職ではなく休職を選択して代行をキャンセルした場合が当てはまります。

しかし、代行業者がしっかり業務をこなしたにも関わらず、利用者の希望で代行を断っているので失敗とは言いにくいでしょう。

それ以外に退職代行を失敗したという事例は報告されていないので、ほぼ確実に退職できるという意味になります。

会社から退職による損害賠償を請求される

会社から退職による損害賠償を請求される

2つ目のトラブルが、会社から退職による損害賠償を請求されるということです。

引継ぎもなく急に退職した場合に会社から損害賠償を請求されることがありますが、実際に訴訟を起こす可能性はほぼゼロです。

労働者が1人退職したことですぐに損害が発生することはありませんし、そうだとしても裁判を起こすまでに損害額以上の費用がかかります。

ほとんどが脅し文句であり、そのような上司や職場ではパワハラや残業代未払いなどの違法行為もおこなっていることが多いので、弁護士などの第三者が入ることは避けるでしょう。

なので、訴えられることはまずあり得ないです。

有給休暇を消化できない

有給休暇を消化できない

3つ目のトラブルが、有給休暇を消化できないということです。

有休消化は労働者の権利なので会社は拒否することができないのですが、中には有休消化を断ったり、時季変更権を主張する会社もあります。

その場合は会社と交渉する必要がありますが、弁護士以外が交渉などの法律行為をおこなうことは違法なので、民間の代行業者では有休取得の交渉ができないのです。

ただ、弁護士事務所でも退職代行サービスをおこなっているので、心配な方は弁護士事務所の代行サービスを選ぶと確実に有給休暇を取得できますよ。

退職するまでの期間に職場でいじめやパワハラを受ける

退職するまでの期間に職場でいじめやパワハラを受ける

4つ目のトラブルが、退職するまでの期間に職場でいじめやパワハラを受けるということです。

即日退職ではなく有給休暇も残っていない場合に考えられるトラブルで、風当たりがきつくなることを心配してなかなか退職できない方も多いです。

有給休暇が残っていなくても欠勤するという選択肢もありますし、欠勤も労働者の権利です。

このように在職期間中に出勤しない方法は色々あるので、利用する代行業者に相談してみてください。

離職票や源泉徴収票などの書類が送られてこない

離職票や源泉徴収票などの書類が送られてこない

5つ目のトラブルが、離職票や源泉徴収票などの書類が送られてこないということです。

会社側の対応が悪く、退職後に離職票が送られてこないというトラブルが多く、退職した会社にはなかなか連絡しにくいものです。

特に離職票は失業手当を受給するためにも重要な書類なので、早く届いてほしいですよね。

退職後のサポートがついている代行サービスや、会社との交渉が可能な弁護士事務所に依頼すると、会社とやり取りをすることなく書類の催促をすることができます。

どうしても期限内に離職票が届きそうに無い時は仮手続きすることも可能なので、ハローワークに直接問い合わせましょう。

退職ではなく解雇になってしまう

退職ではなく解雇になってしまう

6つ目のトラブルが、退職ではなく解雇になってしまうということです。

しかし、退職代行を利用したことによる解雇処分には法的効力は一切ありません。

会社が懲戒解雇処分を行うには、会社のお金を横領するなど、社内の秩序を著しく乱す「重大な問題」が無ければ認められないことになっています。

労働者の再就職にも影響するので、「重大な問題」として認められるほどの理由が無い限り解雇することはできないのです。

退職代行を利用して解雇扱いになってしまったという事例は無いので、心配しなくても大丈夫です。

退職代行を失敗する業者の特徴

次に、退職代行を失敗する業者の特徴をご紹介します。

当メディアでおすすめしている代行業者以外を検討している方は、この特徴に当てはまらないかどうかチェックしてみてください。

代行料金が明確でない

代行料金が明確でない

1つ目の特徴が、代行料金が明確でないことです。

特に、「最低1万円~」など料金の上限が決まっていないサービスには注意しましょう。

1万円と思って利用してみたら、「即日対応プラス1万円」「深夜相談プラス5千円」などどんどん追加料金が発生し、膨大な出費になるケースがあります。

自分の状況に当てはめた時に利用料金はいくらになるのかはっきりしない業者は避けましょう。

代行料金が相場よりも安すぎる

代行料金が相場よりも安すぎる

2つ目の特徴が、代行料金が相場よりも安すぎるといことです。

退職代行サービスの料金相場は約3万円~5万円なので、これよりも安い業者には注意しましょう。

1万円などの破格のサービスを提供している業者は、「経験が無く安くしないと利用者が集まらない」、「オプション料金で多額の請求をする」という特徴が挙げられます。

どちらの場合もリスクが大きいので、安すぎるサービスには疑っておいた方が良いです。

オプションで追加料金が発生して高額になる

オプションで追加料金が発生して高額になる

3つ目の特徴が、オプションで追加料金が発生して高額になるということです。

安すぎる代行料金を設定している業者に多く、「即日対応」や「深夜相談」のほかに「未払い給与請求」、「残業代請求」、「会社からのレンタル品の返却」など色々な状況にオプションをつけて料金を底上げしようとします。

もちろん、オプション料金が一律でしっかりした代行業者もいますので、オプションを利用する場合は信頼できる会社を選びましょう。

退職理由の嘘やなりすまし電話にも対応している

退職理由の嘘やなりすまし電話にも対応している

4つ目の特徴が、退職理由の嘘やなりすまし電話にも対応していることです。

円満退職を謳って「交通事故で入院しなければならない」、「親の介護のために実家へ戻る」といった嘘の理由や、それを親や配偶者になりすまして伝える業者もあります。

嘘やなりすましはバレた時に揉める可能性が高いので、円満退職とは言えません。

真っ当な会社は嘘を使わずに円満退職させてくれるので、嘘の退職理由を使う業者の利用はやめておきましょう。

無料相談の対応が雑でしっかり相談できない

無料相談の対応が雑でしっかり相談できない

5つ目の特徴が、無料相談の対応が雑でしっかり相談できないことです。

相談の段階で雑な対応をする業者は、実際の退職代行サービスにも雑な手続きを行うことが予想されます。

事前相談を無料で行っている代行サービスはたくさんあるので、少しでも対応に違和感を感じたら別の業者を利用した方がトラブルも起こりにくいのでおすすめです。

退職代行を失敗しないために違法業者に注意

次に、特に注意が必要な代行業者について詳しく解説していきます。

退職代行を失敗しないためにも、非弁行為を行う違法業者は絶対に避けましょう。

会社との交渉を弁護士以外が行うと違法になる

会社との交渉を弁護士以外が行うと違法になる

会社との交渉や請求などの法律行為は弁護士以外が代行してはならないと法律で決められています。

例えば、有休消化の交渉や未払い給与の請求などが法律行為にあたり、弁護士資格を持たない業者が代行した時点で、その代行業者は法律違反ということになります。

退職に直接影響は無くても、その業者が捕まった時に利用者にも事情聴取されることが考えられるので、トラブルに巻き込まれないためにも違法業者には注意が必要です。

退職代行業者は退職の意思を伝えるサポートなので合法

退職代行業者は退職の意思を伝えるサポートなので合法

退職の意思や有休消化の意思を伝えるだけの場合は非弁行為にあたらないので合法です。

ほとんどの会社は退職を代行された時に素直に応じてくれるので、交渉の必要もなくスムーズに退職をすることができます。

業務上のコンプライアンスがしっかり整っている代行業者に依頼すると安心です。

退職代行SARABAなら労働組合が運営しているため、会社と柔軟に交渉することができます。

業者の中では一番安全ですので、下記から相談してみてください。

退職代行を失敗しない業者を選ぶポイント

次に、退職代行を失敗しない業者を選ぶポイントをご紹介します。

退職代行を利用しようと考えている方は、是非参考にしてみてください。

顧問弁護士や行政書士が在籍していること

顧問弁護士や行政書士が在籍していること

1つ目は、顧問弁護士や行政書士が在籍していることです。

顧問弁護士や行政書士が業務を監修している業者はコンプライアンスがしっかりしているので、法律違反のリスクが無いです。

トラブルが起こった時も法律のプロの視点からのアドバイスをもらえるので、安心して相談することができますね。

行政書士が在籍していて、運営も労働団体が行っている「SARABA」では、未払い給与の請求や有給休暇の交渉もサービスにふくまれているのでおすすめの代行業者です。

事前相談は無料なので、悩んでいる方は話を聞いてみてください。

サポート内容が充実していること

サポート内容が充実していること

2つ目は、サポート内容が充実していることです。

退職には退職届けの提出、制服やレンタル品の返却など自分でやらなければならない作業もありますが、実績のある代行業者はこういったサポートも充実しています。

全て丸投げできる代行業者は、それだけ代行業務に慣れていて実績があるということなので、楽に退職するためにもどのくらいサポートしてもらえるのかチェックしましょう。

トラブルにも対応できる弁護士事務所を選ぶこと

トラブルにも対応できる弁護士事務所を選ぶこと

3つ目は、トラブルにも対応できる弁護士事務所を選ぶことです。

退職代行を利用した時に、有給休暇を使用させないと言う会社も稀にありますが、その場合は会社と交渉する必要があります。

弁護士でないと取り合わないと代行を拒否する会社も出てきているので、心配な方は弁護士事務所を利用すると良いでしょう。

汐留パートナーズ法律事務所は全国に実績のある信頼できる退職代行のプロです。

とても評判の良いサービスをおこなっているので、弁護士に話を聞いてみたい方は下記から連絡してみてください。

弁護士に依頼するメリットやでにもリットは下記で詳しく紹介しています。

退職代行の弁護士【要注意】弁護士に退職代行を依頼するメリット・デメリットを解説

退職代行を失敗しないおすすめの退職代行サービス

次に、退職代行を失敗しないおすすめの代行サービスをご紹介します。

確実に退職したい方は、これからご紹介するサービスの中から選ぶとトラブルなく退職できますよ。

退職代行 SARABA

saraba

総合評価 A+
料金(正社員) 28000円
料金(パート・アルバイト) 28000円
退職後のサポート 有り
全額保証 有り
即日対応 可能

1つ目のおすすめは、「退職代行SARABA」です。

業界シェア率NO.1で、代行を利用するほとんどの方がSARABAに依頼しています。

退職代行SARABAの特徴

  • 料金は一律28000円と決まっているので安心して利用できる
  • 即日退職に対応していて追加料金はかからない
  • 退職成功率は100%!
  • 労働組合が運営しているのでコンプライアンスも信頼できる
  • 有休消化サポートの成功率も98%でほぼ確実

1番の特徴は、労働組合が運営しているので未払い給与や残業代の請求をすることもできることです。

また、行政書士が在籍していて業務を監修しているので法律違反の心配もなく安心して依頼することができます。

利用する方にとって、代行業者がしっかりと法律的に正しい業務をおこなっているということは、変なトラブルにまきこまれない為にもとても重要なポイントです。

サービスも充実していて、24時間相談可、即日代行、万が一の返金保証、未払い給与請求の交渉、退職後の転職サポートなど、退職した後の支援も厚いので、どの代行業者にしようか迷っている方は「SARABA」の利用がおすすめです。

相談は何度でも無料で、今すぐに利用できます。

退職代行SARABAの評判や口コミはこちら

退職代行SARABA退職代行SARABA(サラバ)の評判・口コミは?|強みや弱みを徹底解説

退職代行 ニコイチ

ニコイチ

総合評価 A
料金(正社員) 28000円※キャッシュバックで実質0円
料金(パート・アルバイト) 28000円※キャッシュバックで実質0円
退職後のサポート 有り
全額保証 有り
即日対応 可能

2つ目のおすすめは、「退職代行ニコイチ」です。

業界最安値の28000円で利用できるのことに加え、転職サービスを利用して転職すると全額キャッシュバックの特典がついてきます。

実質タダで退職することができるのはとても嬉しいですね。

代行成功率100%で14年間の代行実績もあるので、信頼できる代行会社です。

全額保証もついていて、それだけ退職代行に自信があるという証拠ですし、万が一失敗しても返金されると分かっているだけでとても安心できます。

事前相談はLINEでも対応可能で、何度でも無料です。

ニコイチの詳しい評判・口コミはこちら

退職代行ニコイチ【辛口】退職代行ニコイチの評判・口コミを紹介|メリットやデメリットを解説

退職代行 EXIT

EXIT

総合評価 A
料金(正社員) 50000円
料金(パート・アルバイト) 30000円
退職後のサポート 有り
全額保証 無し
即日対応 可能

3つ目のおすすめは、「退職代行EXIT」です。

NHK、TBS、フジテレビ、讀賣新聞などの15社以上の大手メディアからの掲載実績のあるとても信頼できる退職代行サービスです。

社会的にも評価の高いサービスを提供しているということなので、法律違反の心配も無く安心して代行を依頼することができますね。

今までの退職成功率も100%なので、絶対に退職したいと考えている方はEXITの利用をおすすめします。

退職代行EXITの口コミ・評判は下記から

EXIT【2019年】退職代行EXIT(イグジット)の評判・口コミを紹介|本当に退職可能?

汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所

総合評価 A
料金(着手金) 55000円
料金(未払い給料回収) 成功報酬20%
退職後のサポート 無し
全額保証 無し
即日対応 可能

4つ目のおすすめは、汐留パートナーズ法律事務所です。

着手金は55000円でとてもリーズナブルな料金で弁護士に退職代行を依頼できます。

未払い給与や残業代の請求にはオプション料金として成功報酬の20%がかかってしまいますが、回収した分の8割は手元に残るので、利用した方がお得です。

退職成功率は100%なので、会社との揉め事やトラブルが心配な方は総合的に依頼できる汐留パートナーズ法律事務所がおすすめです。

事前相談は無料なので、納得のいくまで相談できます

汐留パートナーズ法律事務所の評判や口コミはこちら

汐留パートナーズ法律事務所【評判・口コミ】汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスを解説

退職代行を失敗しない為のまとめ

退職代行を失敗しない為のまとめ

今回は、退職代行を失敗しない為の注意点などをまとめてご紹介しました。

代行業者を利用して退職した場合にどのような失敗やトラブルがあるのか、しっかりチェックした上で信頼できる代行業者を選びましょう。

どの代行業者が良いか迷っている方は、今回おすすめした4つの代行業者の中から選んでみてください。

一番おすすめの「SARABA」はトラブルも無く確実に退職できるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみることをおおすすめします。

実際に退職代行を使ってみた体験談はこちら

退職代行体験談【評判・口コミ】退職代行を使ってみた実際の体験談や感想を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です